ニュース一覧

グローバル展開を支援

言語

言葉の壁を越えるには

急速にグローバル化が進む現代において、文書の翻訳が必要になる場面も増えてきています。日本語と英語の翻訳サービスを提供する会社は昔から一般的に利用されてきましたが、中東やアジア諸国、ヨーロッパ諸国を含む多言語翻訳の需要も増えてきています。今回は多言語翻訳を専門業者に依頼する際のポイントをご紹介していきます。・業界の専門知識が豊富か翻訳は、単に語学力が優れていれば正確にできるものではなく、翻訳者がその業界の専門知識を持っていることも重要です。在籍する翻訳者がその分野の修士号・博士号を持っていたり、その業界での実務経験があるかという点や、取引実績を確認するとよいでしょう。・文化的背景を理解しているか多言語翻訳においては該当する国や地域独特の文化的背景や、そのときの状況を正しく把握して翻訳を行うことも重要です。文法的に正確な翻訳をしていても不自然な表現になってしまったり、タブーとされる表現を使うことを回避するできます。現地の翻訳会社や現地在住の翻訳者とのネットワークを持つ会社かどうかが見極めのポイントと言えます。・用途に応じた翻訳に対応しているか同じ内容でも、文書の用途に応じて表現方法を適切に使い分けることも大切です。カタログや会社案内などの顧客向け資料、IR情報、社内向けのマニュアルなど翻訳したい文書の種類に応じて会社を選ぶ必要があります。過去の翻訳実績を確認しておきましょう。・ITの活用近年、翻訳メモリを活用し過去の訳文を蓄積し翻訳を効率化する会社も出てきています。商品の世界同時リリースなどの際には多言語翻訳をスピーディに行う必要があるため、このようなシステムを有する会社を選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2017 専門知識を訳してもらいたいなら|翻訳会社を利用しよう All Rights Reserved.