アルファベット

世界的な情報配信

ネットを経由した情報配信において多言語翻訳のサービスはなくてはならないものです。また、医学や工学など専門性の高い分野でも多言語で情報を配信することが重要とされてきており、多言語翻訳のサービスのニーズが拡大しています。

詳しく見る

ニュース一覧

PC操作

海外向けの冊子を作る方法

商品を輸出する場合には現地向けに冊子類を作る必要がありますが、翻訳会社のサービスを利用すると、わかりやすい文章に仕上げてもらえるでしょう。お試し翻訳サービスを利用して発注先を決めたり、チェック体制が充実しているハイグレードなプランを選ぶのが理想的です。

詳しく見る

言語

グローバル展開を支援

グローバル化により、多言語翻訳の需要は増えている。専門の翻訳会社に依頼する際には、業界の専門知識があるか、文化的背景を正しく理解しているか、文書の用途に応じた翻訳に対応しているか、ITの活用など効率化しているか、というポイントを見極めて会社選びをするとよい。

詳しく見る

女性

翻訳作業の依頼先

翻訳会社には個々の専門性があり、コンピューターの分野や映像翻訳など特定の分野で非常にニーズの高い仕事です。企業が翻訳作業を依頼する際には、これらの専門性と対応力を見極め適切な翻訳会社を選択することが求められます。

詳しく見る

男女

外国人を意識したサービス

多言語翻訳は海外の顧客へのアプローチとして非常に簡単で、かつ効果的な方法として注目されてます。今後さらに増加するであろう海外からも観光客へ対して、まずは言葉の面からアプローチを行い、売り上げアップにつなげてみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

文書の国際化に対応する

女性

翻訳は専門家にお任せ

グローバリゼーションが急激に進む中、文書の翻訳をする必要に迫られる場面も多くなってきています。翻訳会社は多数ありますが、どのようにして選べばよいのでしょうか。・翻訳会社のポイント翻訳は語学力が高いだけでなく、その分野の知識に精通していないと正確に行えません。翻訳を依頼したい文書の内容について、専門知識のある会社を選ぶようにしましょう。各社ホームページなどで取引先リストや翻訳実績を掲載しています。また、在籍している翻訳者がその分野の修士号・博士号を持っていたり、実務経験があればより安心です。翻訳者の質を見極める点では、プロの翻訳者としての経験年数も重要になります。採用基準に「実務経験何年以上」と明記している会社を選ぶとよいでしょう。サービス面においては、レスポンスの速さも重要になります。様々な居住国の翻訳者を在籍させることで、24時間体制での対応を行っている会社もあります。また、学術論文などの翻訳では公費・官費による支払いを行う場合もあると思います。支払い方法を含め、柔軟な対応をしてくれる会社を選ぶとスムーズです。・料金翻訳会社に依頼する際の料金は、「原稿1文字につき10〜20円」が目安です。この基本料金に、納期の短縮、翻訳の質のレベルアップ、レイアウト調整などのオプションをつけると10〜40%程度値上がりします。「内容が把握できれば良い」という程度の文書か、「公的に外部提出する」レベルなのか翻訳に求める正確性を判断した上で、なるべく納期に余裕を持って依頼をしましょう。多くの翻訳会社では、試しに原稿の一部を翻訳し見積もりを出す「トライアル翻訳」を行っています。数社にトライアルの依頼を出して、料金と翻訳のレベルを見極めるとよいでしょう。

Copyright© 2017 専門知識を訳してもらいたいなら|翻訳会社を利用しよう All Rights Reserved.